So-net無料ブログ作成
検索選択

時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)

 時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん=当時(36)=が平成9年に亡くなったのは過重労働が原因だったとして、遺族が国に労災認定するよう求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。渡邉弘裁判長は遺族の訴えを退けた。

 森田さんは政治部で首相官邸を担当していた9年6月1日に吐血。2日後に糖尿病の合併症で死亡した。

 渡邉裁判長は死亡前半年の1カ月あたりの平均時間外労働が約134時間だったことなどから、過重労働と認めた。一方で、「どのようなストレスが糖尿病を悪化させるのかなど、医学的知見がない」などとして、過重労働と死亡の因果関係を認めなかった。

【関連記事】
過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ
高血圧悪化、過労死と認定 福岡地裁
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
中国人研究員の過労死訴訟が和解 大阪地裁
過労死企業名公開訴訟 第1回口頭弁論 国は争う構え
外国人地方参政権問題に一石

安協女性部長、交差点で安全指導中はねられ死亡(読売新聞)
知的障害児施設で虐待、身体拘束など441件(読売新聞)
日ロ首脳が会談へ(時事通信)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理−男女参画会議(時事通信)
大和ハウス奈良工場、2月にも火災 4千平方メートル焼く(産経新聞)


2010-04-20 10:50  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。