So-net無料ブログ作成

【麗し大和】(17)1300年を超えた三重塔(産経新聞)

 れんげ畑が広がるのどかな田園風景に、とけ込むように収まった法起寺(ほうきじ)三重塔(国宝)。創建当時から残る唯一の建物で、ひなびてどこか懐かしい景観は、斑鳩(いかるが)の里の魅力の一つだ。法隆寺、法輪寺とともに斑鳩三塔と呼ばれ、聖徳太子ゆかりの聖地として人気が高い。

 JR法隆寺駅から約2・5キロ。決して便利とはいえないが、徒歩でもバスでも、遠目に見えた塔が近づいてくる期待感がとてもいい。“歩き派”の白洲正子氏が、法起寺をへて法隆寺に向かう道のりを「その間に仏さまを拝むという気持ちが次第に作られていく」(「私の古寺巡礼」)と書いたのも、なるほど。

 法起寺は622年、聖徳太子の遺言で、息子の山背大兄王(やましろのおおえのおう)が宮殿(岡本宮)を寺にしたと伝えられる。塔の完成はずっと後の706年。小さな西門をくぐると池の奥に塔が見え、胴の張った(エンタシス)柱や卍(まんじ)崩しの高欄(こうらん)など、飛鳥様式独特のデザインが目を引いた。三層はそれぞれ、法隆寺の五重塔の初層、三層、五層と同じサイズなのだそうだ。

 創建の由来は、塔の露盤(ろばん)に刻まれていた銘文を写したという文献(鎌倉時代)によるが、銘文は現存せず論議をよんできた。近年、発掘調査で寺の前身、岡本宮とみられる遺構が見つかり、その信憑(しんぴょう)性が高まっている。

 記録を信じるなら今年で1304年。江戸時代には塔しか残っていなかったそうだから、いまこうして眺められるのも、まさに仏の加護といえようか。

 文 山上直子

東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作−奈良(時事通信)
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け(医療介護CBニュース)
神戸のグルメ店いくつ星 ミシュランガイド、秋に新刊(産経新聞)
自民・小池参院議員が離党へ(時事通信)
<財政審>26日に総会開催 会長に吉川・東大教授選任へ(毎日新聞)



沖縄の離島広がる入島税、環境保全など目的(読売新聞)

 沖縄県・慶良間(けらま)諸島の渡嘉敷村が2011年4月から、環境保全などに充てる費用を捻出(ねんしゅつ)するため、島に入る観光客や村民から一律に1人100円を徴収する「環境協力税」を導入する。

 同諸島の座間味村も同時期からの実施を目指して検討を進めている。国内で環境協力税を徴収するのは、同県の伊是名(いぜな)、伊平屋(いへや)両村に続くものだ。財政難に悩む離島で、じわりと導入が広がっている。

 環境協力税は、法定外目的税で、離島の場合は「入島税」とも呼ばれる。

 渡嘉敷村は昨年12月、議会が環境協力税条例を可決し、今年3月、総務省が創設に同意した。

 那覇市を出発し、渡嘉敷島に着く村営の高速船やフェリーの料金と、村の無人島「ナガンヌ島」に観光客らを運ぶ船の料金にそれぞれ100円を上乗せする。公平な税負担のため、村外に出かけて帰ってきた村民からも徴収する。ただし、中学生以下と障害者は免税とした。

 慶良間諸島は世界的なダイビングスポットとして知られ、渡嘉敷村を訪れる観光客は年間約12万人に上る。村民は約700人。村は年間約1000万円の税収を見込み、砂浜の清掃、サンゴを食べるオニヒトデの駆除、公園、観光施設の整備・維持費などに充てる考えだ。

 同村への観光客は1年前から予約する人もいるため、1年間の周知期間を設けて来年4月から徴収することにした。

 小嶺安雄村長は「渡嘉敷村は島全体が観光地。観光客、村民に負担をお願いしなければ、素晴らしい自然を維持できない。財政難という事情もあるが、環境を守るための前向きな政策と考えている」と話している。

 一方、座間味村は07年、環境協力税創設へ向けて検討を本格化させたが、村民の同意が得られなかったことなどから、一度は頓挫していた。

 しかし、09年に就任した宮里哲村長は、この税の創設に前向きで、村は今月中にも導入を検討するプロジェクトチームを設置する方針だ。座間味村は「導入時期は渡嘉敷村と歩調を合わせたい」としており、来年4月からの実施を目指す。

 日本で初めて同税を導入した伊是名村では09年度、約390万円、伊平屋村でも09年度、約290万円の税収があった。両村とも環境保全などに充てている。

 ◆法定外目的税=地方税法で定められた税目(法定税)以外に、地方自治体が独自に条例で創設できる地方税。税収は特定の行政サービスの実現に充てる。2000年施行の地方分権一括法で制度化された。(山田真也)

2歳男児虐待死で元少年を起訴 大阪地検(産経新聞)
明石歩道橋事故 強制起訴へ異例の紆余曲折、JR脱線の議決も影響か(産経新聞)
「手当より仕事」自民、参院選で公約案(読売新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
<授業不足>3年生で53時間も 北海道網走の中学(毎日新聞)



時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)

 時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん=当時(36)=が平成9年に亡くなったのは過重労働が原因だったとして、遺族が国に労災認定するよう求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。渡邉弘裁判長は遺族の訴えを退けた。

 森田さんは政治部で首相官邸を担当していた9年6月1日に吐血。2日後に糖尿病の合併症で死亡した。

 渡邉裁判長は死亡前半年の1カ月あたりの平均時間外労働が約134時間だったことなどから、過重労働と認めた。一方で、「どのようなストレスが糖尿病を悪化させるのかなど、医学的知見がない」などとして、過重労働と死亡の因果関係を認めなかった。

【関連記事】
過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ
高血圧悪化、過労死と認定 福岡地裁
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
中国人研究員の過労死訴訟が和解 大阪地裁
過労死企業名公開訴訟 第1回口頭弁論 国は争う構え
外国人地方参政権問題に一石

安協女性部長、交差点で安全指導中はねられ死亡(読売新聞)
知的障害児施設で虐待、身体拘束など441件(読売新聞)
日ロ首脳が会談へ(時事通信)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理−男女参画会議(時事通信)
大和ハウス奈良工場、2月にも火災 4千平方メートル焼く(産経新聞)



<駐車場事故>4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉(毎日新聞)

 埼玉県三郷市のホームセンター駐車場で11日夕、幼稚園児が買い物客の車にはねられ死亡した。毎日新聞の集計によると、全国の商業・レジャー施設の駐車場で交通事故に遭い死亡した10歳以下の子どもは、2000年からこれで13人目。こうした施設の駐車場は道路交通法の規制の対象外であるうえ、駐車している車で小さな子どもの姿が見えにくくなっているのが現状だ。

 11日午後4時40分ごろ、埼玉県三郷市彦野2のホームセンター「スーパービバホーム」の駐車場で、東京都足立区梅田7、会社員、荒井和也さん(43)の次女笑佳(えみか)ちゃん(4)が東京都葛飾区東金町4、アルバイト、新井義行容疑者(38)の乗用車にはねられ、病院に運ばれた。県警吉川署は新井容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕し、その後笑佳ちゃんが死亡したため、同致死容疑に切り替えて調べる。

 吉川署によると、新井容疑者は駐車場内を約20キロで走行していたが、歩いていた笑佳ちゃんに気づかなかったとみられる。当時駐車場は満車状態で、新井容疑者は「前の車に気を取られていた」と供述しているという。

 笑佳ちゃんは両親と兄と姉の家族5人で買い物に来ていた。父親らは最初の買い物を終え荷物を車に運び込んでおり、笑佳ちゃんは先に別の店に向かっていたという。【平川昌範】

 ◇私有地、法適用なく

 毎日新聞の集計によると、過去10年で子どもの交通死亡事故が発生した商業・レジャー施設の内訳は▽郊外型大型スーパー4件▽コンビニエンスストア2件▽家電量販店、動物園、遊園地、博物館、公園、レンタルビデオ店、海岸近くの公営駐車場が各1件。

 こうした駐車場は多くが私有地で、「車両前後での横断禁止」を定める道交法の適用を受けず、安全対策は管理者に一任されている。速度制限を設けたり警備員を置いている所もあるが、段差を付けた歩道を設置するなどの対策を講じている駐車場は少なく、車列の間を小さな子供が歩いているのが現状だ。埼玉県警幹部は「背が低いため車から見えにくく、車がスピードを出していなくても大けがにつながる」と指摘している。【町田結子】

【関連ニュース】
交通事故:中学生4人はねられ軽傷 大阪・熊取
交通事故:車がバスに追突、乗客ら13人けが 相模原
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間
電動車椅子:オートバイに追突され男性死亡 大阪
都営バス:左折の際にはねた男性死亡…容疑の運転手逮捕

権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導(産経新聞)
立教大生殺害事件 発生から14年 父親らJR池袋駅で情報提供求めビラ配り(産経新聞)
<威力業務妨害>運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む(産経新聞)
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視−阿久根市(時事通信)




<NHKオンデマンド>12年度に黒字化見込み (毎日新聞)

 ニュースやドラマなどが放送後にパソコンで視聴できる「NHKオンデマンド」について、12年度に単年度黒字化する見込みであることが30日、わかった。参院総務委員会でNHKの日向英実・放送総局長が答えた。

 オンデマンドは08年12月にサービスを開始。09年度は約22億円の収入見込みに対し、実績は約3億円。12年度には単年度黒字化を目指すが、この時点の累積損失額は約65億円と予想されている。

 また、NHKの10年度予算案が全会一致で承認された。

【関連ニュース】
NHK:勝訴…受信料集金報酬減額に不当性なし 東京地裁
強制わいせつ:NHK職員に有罪判決 電車内で女性触る
NHK:福地会長、辞意を撤回
人事:NHK
マユミーヌ:NHK教育で初のレギュラー番組 子どもと「できたらバンド」を結成

参院比例に片山さつき氏ら=自民(時事通信)
私のしごと館 わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
若手育成、日本語テキスト作成 鬼教官も苦しんだ(産経新聞)
時効2日前に女性暴行の男を起訴 DNA鑑定で発覚(産経新聞)
日医会長に親民主・原中氏 自民候補の推薦撤回、焦点(産経新聞)



党と意思疎通図る=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は25日午前、小沢一郎民主党幹事長らとの前夜の懇談について、首相公邸前で記者団に「今が一番厳しい時だからこそ、党と政府の間で意思の疎通を頻繁に図っていく」と確認したことを明らかにした。
 首相は、自身や小沢氏らの「政治とカネ」をめぐる問題を念頭に、「むしろ今が正念場だ。国民の目も大変厳しい。何とか国民に理解してもらえるよう頑張ろう」と呼び掛けたことも説明した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

両陛下、平等院ご訪問(産経新聞)
障害者自立支援法、違憲訴訟で初の和解(読売新聞)
<普天間移設>官房長官と国民新の下地氏が会談(毎日新聞)
普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」(産経新聞)
民主・自民両党首脳“ニアミス”(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。